パクリについて(最終記事)

いやそのー、暴れん坊将軍、HIROYです。
実は前記事が結構過激な内容、トークになってしまっておりまして、かるぽ界各方面にご心配をおかけしていることと思いますけど、草なぎ君のような突発発狂事故ではありませんのでご安心を。 本人は至って普通です。 草なぎ君はわからんけど。

実を言うと昨日の記事は4/18「皆さんご参加ありがとう!!」記事から、わずか3日で2000を超えるアクセスをいただきまして、この時期に自分の思いを伝えるのが一番皆さんの目に付くだろうという考えで、しかも多少過激な言葉を含んで書かせて頂きました。 コメントも貰えるのではないかという期待も込めて。
私がこうまでして伝えなきゃならんと思ったのは○ヶ月前にもなりますが、ある方のブログ内での記事が原因です。
※個人攻撃を仕掛けようというのではありませんが、この言葉で正当化する意思もありません。 事実として掲載します。

いわく「形振り構わず○○のエンジンだけを取り出し(中略)○○大会へと試した。」

この文章を目にしたとき、私はものすごいショックを受けました。

2ちゃんの書き込みなら無論気にも留めない、スルーなカキコですけど、仮にも本名(HNですが)を出して記事を作成され、その名前で大会にも出場されている方が堂々とこういうことを書くとは・・・。
堂々と書かれるということは本人にとってはまるで普通のこと、私基準では「NG」、というより「盗みという罪悪」であると思うこの行為が、この方の中では通常一般の行為であるのだ、ということに非常なショックを受けました。
そして、もしこの行為がかるぽ界の一般常識として通用しているのであれば、私の考え方が少数派、ひいてはいずれ遠くない将来、この道からは外れていくのだろう、とまで思いました。
その時は「人それぞれだからしょうがない」と黙っていましたが、心の中には一抹の侘びしさと、わだかまりが残り、それはいつまで経っても消えませんでした。

すると混王戦の少し前、6四の兵さんが改めて問題提議をしてくれたのです。 ぱくりってどうなん? ご本人も多少行き詰まっておられたのかもしれませんが、こういうデリケートな問題に触れてくれたのです。 その6四の兵さんの記事を読むとぱくり行為の定義は私が言うところのマネ(=私基準では全然OK)だったのですが、このパクリ云々については是非意見を表明したい、いや表明せねばならん、自分の思いを世に問うてみたい、いや問わなきゃならんという気持ちがこみ上げてきたのです。

ということでこのアクセスの多い時期に、また(敢えてとは言いませんけど)過激な言葉で記事を書かせてもらいました。 コメントを頂けることも期待してました。 しかしながら書いているうちに更に更にヒートアップしてきたことは否めません。 スイマセン。 ついに狂ったかと心配される方もおられたかと思います。 申し訳ありません。 今のところまだ大丈夫だと思います。

まず、言葉の定義が人によって違うことがよろしくないですね。 当然ですが、こういうデリケートな問題ですので一度しっかり確認しておきたいと思います。 もちろん日本語を何十年も使い続けてきた我々ですから、多少は他人様の文章内で○という言葉が△という意味で使用されているな、ということは薄々以上に感じることはできます。 ネタ混じりの記述であれば○の範囲が多少広がってきても見過ごすことは出来ます。 が、今回の原因になった元の文章は私には実際に行なわれた行為として映りました。 ○の範囲を超えたわけです。 事実は分りません。 私がそう感じ、判断しただけです。

というわけで確認していきますが、パクリ云々に関する表現には幾つかの言葉があります。
「コピー」、「マネ」、「模倣」。 これらは人によっては同じことを指すかもしれないし、違う行為を指しているかもしれない。 これらについては後述します。 他にも「丸コピ」、「改変」、それと意味はまったく違うけど「研究」があります。 ここまで来るとその言葉を聞けば多分皆同じ行為を思い浮かべることと思います。

「丸コピ」は一部または全部のチップ、及びチップの配置をそのままの形で自分のPRGに貼り付ける行為。 「エンジンだけを取り出し」も同じだと思います。 当然、配列を変えたり左右カガミ置きをしたり上下ひっくり返しても意味は変わりません。
「改変」丸コピ後、1チップ以上中身を変更したり、チップそのものを取り替え、または消去、または付加して自分のPRG内で改造する行為。 これは丸コピには限りませんが、その意味自体はほぼ同じと見ています。
「研究」他人の公開プログラムの一部、または全部のチップをよく見て、その意味を理解する、しようとする行為。 また、ネット内に散らばる情報を集め、言葉、プログラム言語(表現)、またはチップ配列で表現されたプログラムを理解する、しようとする行為。 また、既存の公開、非公開問わず、すべての機体の動き、動作表示、プログラム表示、カウンタ表示、MSGコンソールなどを見ながらその機体のプログラム内でどういうことが行なわれているかを推測、理解する、しようとする行為。

言うまでもなく私基準では丸コピ、改変、はNG、研究した上での改変、研究はOKです。 ただし、研究を経た上での改変もチップのコピーではなく、できれば1チップ1チップ、オリジナルを生み出した先人に畏敬の念を込めて配置していって欲しい。 これが先人、開発者への礼儀だと思うし、ちょっと宗教がかった精神論的な話になるのでムリにとは言いませんけど。

研究が入れば改変OKとはどういうことなんでしょう。 これは色んな方が既に書かれている通り、これを禁止してしまうと一つの技術がそこでストップしてしまうからに他なりません。 結局最初に開発したその人だけの技術になってしまい、スプーも予測射撃もまったく広がりを見せず、現在のような多彩な戦法は生まれてこない筈です。 また研究後の自プログラムへの組み込みを禁止してしまうと、開発者がどこかへ一言でも書けばその技術はその開発者の独占、より多くTIPS発表した者勝ち、という状況まで予想できるからです(こういう悪辣な人はかるぽ界にはいないと思いますけど)。
余談ですけど、チェインさんのスプー技術や、かみねこさんの予測射撃技術が公開されなければ、現在でもこの技術を使える人は数人に限られているのでは?と思っています。 先人が公開してくれたからこそ、これらの技術は幾人もの職人の手を経て研磨され、熟成してきたと言えるでしょう。

さて、では問題の「コピー」、「マネ」、「模倣」ですが一番簡単なヤツから定義します。
「マネ」ですが、私の中ではこれは武器、装甲、を含めたハードを真似ること。 また、機体の特殊な動きなどを戦闘画面から推測したり「研究」したりして真似、オリジナルに近づけていくこと。
「模倣」「マネ」に同じ。
「マネ」「模倣」は当然「研究」が前提にあり、「研究」無しではなしえないことからOK。
「コピー」読んで字のごとく、「丸コピ」に同じ。 つまりNG。

この辺で、特に「コピー」で言葉があやふやになっていたような気がします。

最後に「パクる」。 一番重要で、しかも人によっては受け取り方が違い、OK、NGが大きく分かれるところ。
「パクる」文脈によって判断する(しかない)。 例えばブログ記事において「喜んでパクらせて頂きますw」などと書かれているところへ「この野郎なんてことしやがる!!」なんて無粋な突っ込みはしませんw この時点で私は私基準が常識だと思っているのでこの常識の範囲内で、この表現は「研究」あるいは「研究を経た改変」または「マネ」「模倣」であると感じられるからです。 言葉の定義といいながら、常識の範囲内という主観的な判断基準があるため、混乱することは否めません。 しかしながら通常は「ん? そのパクるっていうのはもちろん研究をして理解した上でのことなんだろうね」などと言うのは野暮であり、余計な軋轢を生じさせるもので、かるぽまったり進行の法則から外れるので余程の逸脱した表現、描写がなければ好意的に判断するところです。 つまり普通ならOK。

ここまでは意見を露わにされた多くの方とほぼ同様であり、私も私の常識がそれほど世間一般から離れていないことが確認できてホッとしました。 ただ、ここからは多くの方と意見が異なります。 とは言ってもこの違いというのは主に個人のキャラクターによるものであり、それほど重要な意味はもっていないのでご安心を。

私の場合、生まれが卑しいのか基本的に人間がケチである、ということ。 例えばタダほどいいものはないとか公言してはばからない、アンブレラ作りながら屁のようなTIPSをブログに書くのにスゲエ後悔したり悩んだり、泣き言書きちらしながらひでさんのコメントによって天界に導かれるという経験をしてきた剛の者ですから、ちょっとやそっとじゃ技術公開などはできません(キッパリ)。 なんでって、そんな大した技術など持ち合わせていないことは自明ですし、自分の費やした研究時間を心の中での感謝、あるいは一言のお断りくらいで易々と持っていかれたんじゃタマランですよwという極めて人間くさい理由からです。 かるぽ界は人間的に崇高な人が(これ、決して皮肉じゃありません。 念のため)多いので、自分の発見したTIPSなどは是非皆さんで共有して分かち合いましょう、という方が多いのですが、私は私が使った時間、知恵、努力に見合ったものを費やしてくれなければ分けることなどイヤだね。 という立場です。

だってマネしようとする機体が既にあること、それ自体が物凄く大きなヒントなんだもの、そこから研究し始めても最初の開発者の数分の1の時間、努力でできますよ。

例えば拙作ミネルヴァ☆セヴン!!など、作成に数ヶ月かかっています。 7*7でたいして強くもないクソみたいなものですが、1チップ変えるたびにフルリーグ数回まわして勝率の統計取ったり、距離の調整、角度の調整だけで1単位毎に何晩も費やしています。 これを広く分け与えよと言ってもアンタ、そりゃイヤですよw そんなモン自分でやれとw こりゃ研究の分野であって技術じゃないだろってことです。

技術であっても多分同じです。 例えば私が数年かけて画期的な三次元を含む予測射撃を開発し、この世のすべてのOKEを20秒以内で殲滅するそれはもうアホみたいなルーチンを開発したとします。 これをすべての人に分け与えるでしょうか。 このままならほぼ2年くらいは軽くかるぽ界に君臨でき得る技術を独り占めできるのに、私より100倍才能のある方達に分け与えて、次の大会で軽く3A落ちして後塵を拝することに耐えられるでしょうか。 多分ムリですねw 分け与えるのは引退を決意したときです。 ごめんなさい、画期的な技術革新は2年くらい先延ばしです。 どうか私のアホみたいに強い機体を見て「研究」してついてきてください。

人に教える、分け与えるのはイヤと言いながら自分ではそこら中から情報集めて「研究」してるじゃないかという非難は甘んじて受けますけど「研究」はいいんです。 OKなんです。 言葉で綴られている元ネタは誰かが使って欲しい、分け与えたい、と思って公開してくれてるものですからね。 だから私もそれほど努力を要していない、誰でも1時間くらいで気付きそうなTIPSなんかは気楽に垂れ流しますよ。 だったら公開プログラムも同じで誰かが「使って欲しい、分け与えたい」と思ってるから公開になってるんだろう、これを勝手に研究して改変して何が悪いという意見もあるでしょう。 しかしすべての公開プログラムがそういう意図を含んでいると思っているとしたら日本人としてはアンタ、相当コミュニケーションスキルが低いと言わざるを得ません。

勝手に研究してもOKです。 公開プログラム作者は使ってもイイ、いやむしろ使ってくれ、と思っているかもしれません。 だけどこればっかりじゃない。 メンドクサイ。 記録庫代りに公開しておく。 非公開でもどうせツールかなんか使って中身を見られる。 じゃあ、公開しておいて、使われてもしょうがない、と思っている、これが大半でしょう。 私は私がされたらイヤなことは普段の生活においてもかるぽに関しても極力しませんよ。 使われてもしょうがない程度に思っているかもしれない公開プログラムをコピーしてきて研究して自プログラムにそのまま使う、なんてことはしません。 面白い動きをしている公開PRGがあればじっと5分くらい眺めるのが関の山です。 ほぼ研究なんてレベルではありませんよねコレ。 稀に「なんと特殊1を使っているのか!?」くらいわかってしまうこともあります。 でもこれならPRG見るまでもなく、動作表示見てるだけでわかりますよね。

結局、私が言いたかったこと、これをまとめますけど、私の中では
丸コピ、研究無しでの改変、コピーはNG。 許せないほどの罪悪。 他人様の費やした時間、努力を盗む最低の泥棒行為。

研究ありでの改変はOK。 本来自分でやるべきことだが、先人が貴方のために時間を節約させてくれている。 万人による研磨によって技術の向上も認められるためオマケしてOK。 公開PRGを元に研究する場合は常に先人に敬意を払い、間違っても「公開だから研究するのは当然の権利である」などと、ゆめゆめ思わぬこと。

研究、模倣、マネはもちろんOK。 これこそが本来ネットを通じて2年以上も続いてきたかるぽの魅力、醍醐味であり、カルピストの腕の見せ所。 これをNGにしたらかるぽは終わっている。

研究、新技術開発はもちろんOK。 普通のカルピストには踏み込めない領域を開発し、これをかるぽ界に広めるか、自分だけのものとしてしまっておくかは完全に開発者の自由。 当然だがこれを広めないから罪悪だなどと言う、恥もプライドもない非難は一笑に付される。

「パクる」は文脈にて判断。 普通ならほぼOK。 判断が合っていても間違っていても確認する術はない。

以上です。

当然ですけどこのオレルールを皆さんに押しつけるつもりは毛頭ありません。 私はこう考え、これを基準に遊んでいる、というだけです。 私の中でのNG行為をやられる方に対しては「人それぞれだからしょうがない」とは思いますが、こういう人の遊び方を尊重することはできません。 黙認、黙殺するだけです。 また、HIROYよ、お前そりゃ度量が狭いんじゃないのか、なんか公開するならしとけよ、という非難も甘んじて受けますが、その時の気分によってコロコロ変わります。 公開すべきもの、したほうがいいものがあれば公開するかも知れません。 まあそんな技術はありませんけど。

それにしてもこれだけ大騒ぎになっても完全に我が道をいき、電気のことを一心不乱に調べてるニナガワさん、超カッコヨス。

"パクリについて(最終記事)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント