省チップ予測射撃顛末(予測通り)

またしてもHIROYです。
宿便、出てきましたよ。 んが、入った分量に対しては出た量が圧倒的に少ない。 だけどとりあえず期待通り石炭のような色と金剛石のような質感を持ったモノがムリムリと肛門を通り過ぎていきました。 ちょっと痛かったけど出血は無し。 案外普通でしたね。 腹も空く感覚も少しずつ蘇ってきたようで今ではオヤツも食べられます。 ご心配おかけしました。 申し訳ありません。

さて、昨日の超期待の☆、省チップ予測射撃ですが、案の定全然無理でした(当たり前)。 それでも試してみよう、というところが偉いね、偉いと思います。

タイミングを図るため、乱射踏んだあと5チップループ回してカウンタで外に出し、狙撃踏んでまた違う5チップループで回し、外に出るときまた乱射を踏み直してみました。 実際やってみると乱射の弾だか狙撃の弾だか全然わからん。 よく見るとカウンタリセットしてなかったりしてた←よくあることです。 まあ、リセットしても何のタマだか全然わからんかったけどね。

あと、どうもタイミングがおかしかったので最初の乱射弾発射のあと(反撃無し前提で)ストップで5フレくらい止めて狙撃ループに入るようにもしてみましたが、・・・微妙。 いや、マジ微妙で敵が固まった方向に飛んでいってる?ような・・・そうでもないような・・・という程度。 やはり狙撃だけの方が方向性のみに限れば良いようです。

ただね、こっからが大事なことなんですが、初っぱなの捨て弾、乱射の命中率が意外とイイ!! あ、タマ来たなと思ってジャンプして、ブレて飛んでくる乱射弾に自分から当たりにいくケースがしばしば起こります。 わはははは馬鹿め。 距離は220mくらい。 もっと近づいて150mとか100mになってしまうと効果は無いような気もしますが。 だけどこりゃいいや。 捨てダマ1発作戦(実は本命乱射1発作戦)は遠距離ではかなり使えるかもしれません。
ジャンプ先読みで色々計算して敵のちょっと上を狙ってカウンタ射撃するという技術を持たない私としては、効果は半分以下ながら1チップで代用できる乱射1発作戦は大歓迎です。

ただ、いつでも乱射、というわけにはいきませんね。 タマが持たない+暑すぎる+敵静止中(燃料切れ)に全然当たらんもったいないの三重苦。 というわけで、乱射1発が出るのを確認(5フレくらいループ回す)してから即、狙撃踏む、というように変更してみました。
か・な・りの確率で狙撃弾がムダになっているような気がしますが、まあいいか。 でも敵との距離が接近してきたときもこんなに悠長に2発撃ってられるかな? この辺は距離に応じて調整するしかないか。 省チップの筈がなぜかココだけで相当容量食いそうですが、折角なので入れておきましょう。 対多脚(イヌ抜き、イヌも乱射混ぜた方が効果的かもしれないな)+対ラスティくらいで距離190m以上程度、という非常に限られた条件のみに発動するルーチンにしては容量食い過ぎですが、今のところは腐るほど空白があります。 結局見た目は15*15の半分を占めたくらいの半端なPRGになって、こうやってブログでイイワケを書いておかないと作者の意図が全然見えないことでしょう。

乱射1発混ぜタイプ、甲斐があってか無くってか、単純に狙撃のみのバージョンとのスパでは3回(少な!!)やって全勝しました。 ただ、これは私のクネの避け方の癖にピッタリ合っているだけかもしれません。 あわよくば熱攻め冥界にも当たれと思ってスパしましたが、負ける敵にはやっぱり負ける。 完全に自己満足の世界ですね。 満足、というほどでもないんですけど。

(あ、今思いついた・・・orz。 距離遠いときは乱射1発だけにしとけばいいのでは? 180m切ったら普通にするとかで済みそうな気がしてきた。 あ、だけどそうすると敵静止中に当たらないかな。 よしよし、間違ってなかったぞ。)

団体戦まであと・・・4日? 次は対イヌと対トリン用に前ジャンプ射撃を仕込んで、あとはそうだなあ、左右ジャンプの反撃条件をしっかり制御しようか。 それが終わったらゆっくりパズルして矩形化を努力して、多分無理そうだからそのまま出す、ということになりそうだなあ。

さて、本命乱射1発作戦を引っさげたニューヴァトロワですが、メイトのみんな、よろしくな!!
戦力的には全くあがってませんけど、ウリがひとつ出来て良かった。
(だけど説明がなかったら誰一人気が付かないだろうな。) あとは頑張って「邪魔しない力(ジャマシナイリョク)」を磨いておくことにするよ。 あとチーム名に♪入れてハルゾさんのところにコメントでご挨拶にいって・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック