バトロワ考2

こんにちは。 HIROYです。
温泉、行ってきましたよ。 近場ですけどいいとこでした。 ただね、携帯繋がらないんですよ。 当然CHP界の情勢チェックも出来ないところでズーっと湯に浸かってました。 立湯(立ったまま浸かる)とか寝湯(寝たまま浸かる)とかもあって、それぞれ場所が独立してるんです。 当然混浴の露天風呂もありました。 これは行きませんでしたけどね。 メシがね、美味かった!! 朝飯は今ひとつでしたけど良かったです。 従業員の笑顔とかサービスも良かったし、最近なんか景気悪いとかいってるじゃないですか。 それでもこの温泉宿はいつでも予約いっぱいで儲かってるらしいんですよ。 やっぱサービスって重要ですよね。

さて、バトロワですがえらい寂しい勢いで終息してしまいました。 これにかけた情熱、じゃないな、どうなってるんだかわからねー!!と叫んでいた頃の思考がまったく反映されないまま沈む、というのが何ともくやしい、やりきれない思いです。 むー。 これってバトロワの宿命なのかもね。 よかれと思って入れた仕掛けが悪い方に回る、というならまだしもまったくオモテに出てこない(泣) カドとったどー!!とか言って浮かれていたのも恨めしい。 難しいなあこれw 参加者を満足させるための運営なんてバトロワに限って言えばほぼ不可能じゃないんでしょうか。 そんな中、またしても髭レッドさんがルールを再考され、第2回を企画されるようです。 ありがとうございます!! このバトロワ企画、人数が出れば出るほど面白いはずなので是非参加してみてください。 狙い目は霧飛行逃げ型です。 さあ、地上型の皆さん、こぞって飛行型をロックしましょうw 私、次回も機雷を積んで出場予定です。 3/27? 13? なんか色々他の大会企画も入ってるし、皆さんは忙しそうな予感もヒシヒシ感じるのですが・・・。

さて、そんな中、見事に
(飛行型に持ってかれるとは)祝!! ドゥームズディ・デバイス スクリーンさん、第1回OKEデスマッチ制覇、おめでとうございます!!(地上型の名折れじゃ!)
くそー、飛行型だけには持って行かれたくなかったという私個人の思いは堅く伏せ、是非、次回全地上型の思いの丈が詰まった5方向以下1方向以上の開幕ミサイルを味わっていただきたく、ここにお祝いを申し上げます!! 次回は180mでヤルってのはダメ? もちろんバリケード無しで。

さて、今回の記事のテーマはバトロワ考なんですが・・・。 なんかレーティングの算出チーム再選とか未/既勝利戦とか世間じゃ話題がいっぱい、ついでに利休さんのところもポチっとやっちゃったけど今ひとつルールがわからんとか他にも色々考えなきゃならんことが有りそうなんですが、とりあえず直近の話題ということで一つ宜しくと。

バトロワ、マジで難しいです。 多分私だけじゃなく、他のプレイヤーも散々考えた末にお披露目したところ、わずか数十秒の戦闘でおしまい・・・という結果にガッカリした人も多いのではないかと勝手に考えてしまいますが、これがバトロワなんですね。 うーむ。 団体戦や他の大会と違って一度だけのチャンスを生かせないと超可哀想なことになるわけなんですよ。 勿体ない。 なんか非常に勿体ない。 正直、こりゃわかんねーって叫んでた時期、妙に楽しかったですよw 色々なパターン考えついてそれに対応するようにPRG組んだりして、スペースねーって諦めたりする作業、面白かったですよ。 これをもう少し、参加者全員がお披露目できるような形態にできないかなあ。 機体組んでる時間がワクワクしてただけに、また、バトロワの企画自体面白いものだけに、なんかもう一つ壁を破れば物凄く楽しい企画になるような気がするんだけどなあ。
あ、もちろん、言わずもがな過ぎて逆に恐縮ですが、髭レッドさんの運営に問題があるとか、ケチを付けてるとかでは全然ありません。 バトロワ、という非常に魅力的な企画自体のワナみたいなもの、について語ってますです。 もちろん、「くぉら。 一回勝負がバトロワの醍醐味だろうが。 ションベンくせえ能書きをいうやつはすっこんでろ。」 ってことなら仕方ないのですが、なんか勿体ないのでナニか書いてる間に思いつかないかなあ、と思って書いてます。

現状のバトロワ企画(というか、これが本来のバトロワなんだけど)では団体戦のトーナメントに似てる気がします。 仲間に迷惑かけないよう、得意の敵だけは倒すつもりで、結構時間かけてバグ洗い出したり、オレ支援型だから囮とか突撃と組めるといいなあなんて夢想して、開けてみたら1回勝負。 負けたらハイそれまでよ、でもう二度とチャンスは来ない。 これ、哀しいでしょう。 やっぱり一次予選、二次決勝くらいまで10回くらいは対戦したいでしょうw

そうすると、敗者復活戦? 或いは敵味方全部シャッフルし直して何度か試合して生き残り数の平均が上のOKEを次のステージに上げる? こうすると参加した機体が少なくとも何度かは戦えるわけだ。 審判というか、運営者が死ぬけどw そうそう、今回、何も言わなくてもリプレイ上げてくれたこと、感謝してます。 団体戦やバトロワって、なんかリプレイ必須のところがあるじゃないですか。 やはり自分が手塩に掛けて開発した子の晴れ姿を見たいっていう気持ち。 何度も試合があるとリプレイだけで大変そうだなあ。 一回終わるたびにシャッフルしてリプレイとってどこかに上げる。 うわ。 たいへん。

じゃあ、やっぱリプレイなしか。 その代わりコメント? コメントも難しそうだなあ。 自分のクネの動き見ても気が狂ってるとしか思えないw
え。 なんで突然そっち向いて撃つの? ああ、ノラ見つけたのか。 あ。 撃たれてる撃たれてる。 志村ー後ろ後ろ!!
みたいなこといっぱいありますから他人様の機体見ても絶対真意はわからない。 どこかに深ーい考察が隠れているのにそれがわからない。 お、いいこと思いついた。 お前オレのケ自分の機体にコメント必須。
『開幕ノラロックします。 次に空見てその次ホイリー。 ノラだけは味方でも執拗にロックしますが、ある程度距離が離れたら近場の敵をロックします。 適当な頃合いで飛行機、ホイリーを敵味方関係なくつけ回し始めますが、近くに敵がいたらそっち優先です。 敵の数が1になったら豹変して味方に襲いかかります。 宜しくどうぞ。 』
なんてコメント。 この通りになってたら誉めてあげて、どうしてもそう見えなかったらスイマセン、なんか変なことしてますってコメントしてやる。 駄目か。 書くの苦手な人もいるもんな。 難しいなあ、バトロワをもっとドキドキワクワクにする計画。 何かいいアイディアあれば教えてください。

この記事へのコメント

髭レッド
2009年03月02日 17:47
どもども(^^;

むむー、そうか対戦数が少ないというのは確かにありますねえ…
そのあたりは生き残り戦だから仕方ないかなあと割り切ってましたが(笑)
#おいおい(--;
となれば、各ステージの生き残り算出方法に手を入れればよいのかなあ。
例えば、次ステージ進出数下限をステージエントリー数÷2という風に決め、下限を下回った数しか生き残らなかった場合には残った機体で再度ブロック分け→対戦。
なお、残り機体が奇数になっていたときにはもっともエントリー番号の大きい機体を敗退させて偶数に調整。
こういう方向でいける…気がします。
第1回の第1ステージをこれに当てはめると、1回目の対戦終了時点で生き残り数は4、エントリー数は10なので下限は5。
負け残った6機体をブロックわけ…というか1ブロック分か(^^;
もう一度通常通りに対戦して勝ち残ったのが次ステージへ…あ、偶数にするルールがあるから最低でも2チームあがる(笑)
なんとなくエントリー番号1番がすごく有利な気がしますが、それはそれでよしとすればなんとかなりそうです。
すこし案をまとめてみます(^^;
HIROY
2009年03月02日 18:09
どうもありがとうございます、髭レッドさん。
色々勝手なことを申しましてすみません。

記事中、私が夢想しているのは第一ステージとして、全ての機体が毎回敵味方入れ替えて同じ回数、対戦してみたらどうでしょう?ということです。 例えば5回とか10回とか。 その中で生き残る確率の高いものから何機かが上のステージに行ける。
そこでまたシャッフルして何度か対戦してみる。このようにして一番生き残る確率が高い機体=一番生き残っていた機体が最終的に優勝。
ちょっとスッキリしてませんけど。こんな具合のものを最後に思いつきましたw

当然、ご参考までに。主催者様は神なので、というとイヤらしいので言いませんけど、ホント感謝してます。どのようなレギュになっても諦めず、飛行型とノラをロックし続けますw
髭レッド
2009年03月02日 18:30
どもども(^^;>HIROYさん

うーん、それだと殺伐度が少し少ない気もするんですよねえ(笑)
安定して勝てるものが抜けるというのは良いのですが…
それだと何かが違う気がして仕方が無いんです。
何かの間違いで1ショットキルしたら勝ち抜ける、何かの間違いで他の皆がリングアウトしたら勝ち抜けた(笑)みたいのが欲しいんですよねえ。
#なんじゃそりゃ(^^;

一応考えたものは記事にまとめて書いておきましたので…
続きはそちらで(笑)

HIROY
2009年03月02日 20:23
どうもどもども髭レッドさん。
いやぁ矛盾するようですが全くその通りなんですよねえ。矛盾しまくってますが同感です。
強い者が勝つとは限らないのもバトロワの魅力ですしね。
一発勝負のスリル、殺伐感というのも見逃せない魅力だと思います。
うーん。主催者様のご手腕に期待しますw

この記事へのトラックバック