そこはかとなく・・・

どうも。 HIROYです。
ネタがないのでこのブログ記事を昔まで遡って読んでいたんだけど、面白いな!! これ!! しーん・・・。
まあ、始めた頃の方がまだ良質の記事があるような気がする。 CHP世界の名ブロガー達は記事のレベルを落とすことなく、自己のスタイルを守り、高品質な記事を提供してくれるのだけれども、王立桶~係はもうク○記事垂れ流すだけ、みたいだなw まあ、そんな中、やらねばならない企画などを見つけたので気晴らしにご紹介しよう。

あるカルネージャーの一日(前編・中編)が終わったので今度は後編を書かねばなるまい。 後編だけでは終わらないような気もするので完結編も用意することになりそう。 まあ、気が向けば、だけど。 しまった、今日書けば良かった。

第9回本大会終了直後あたりで執筆したブログ記事を突然掲載し、読者ともども突然タイムスリップ感覚を味あわせる、変な感覚に襲われる、という企画。 やろうやろう、直ぐやろう。 なんて息巻いていた割りになんにも書いてなかった。ヘ(分)ヘ。rz=3
どうせ、そんなこったろうと思ってたよ。 ぺっ。

カルポ大絶賛記事。 びぐろーぶで突然発生したゲンキ玉システムに目を付け、ガッツ、驚いたなどの比較的手薄なタマを読者に押して貰うことにより、他のびぐろーぶ使用者の注目を集め、その記事内でカルポを宣伝する。 こういう素人を引きずり込んで相対的にオレ様の大会内での地位をあげ全人類の幸せのために布教する。 絶賛記事、書きたいなあ。 半端に時間があってもちょっと手を出しにくい。 いや、まだガッツは要りません。 ありがとうございます。

というわけで、地雷バジでも作るか宣言をしたくせに全然やる気が出ない。 なんとなく覇王樹みたいにアラクネを屠るアラクネに憧れていたのでこういう感じのものを夢想してハードから新規作製。 色まで決めて力尽きる。 盾三舞にしようかどうか、それが一番の悩み。 この期に及んでクネの新作でも作る気か。 それにしてもこの間の大会で作ったM7-6のカラカラバージョン、地上型にはある程度強いな。 やっぱり車輛には今ひとつな気がするがデスとカラカラ、ホントはどっちがいいんだろう。 元々クネって車輛が鬼門だろう? 天敵ってやつだ。 車輛さえ(カノンだけで)なんとかできればかなり汎用型に近づけるんだけど。 地雷持っても今ひとつならば何が効くのかなあ。 地雷2つかw で、一つでも地雷なんか持っちゃうと飛行機には途端に激弱になるのだが、こんなのオレだけか? 硬堅プリのジグラドはうちの対空3ルーチンに機雷12発積んで、地震シュテフィーと組ませてアウェイで戦わせたら安定勝ち出来るようになったw (ココまで特化して自慢げwなのが哀しい)

ハルゾさんの機体の想ひ出を読んでいたらシルフのことが出ていた。 私がタイマンだったらシルフ最強!!と信じてやまない超高性能チキン。 で、ホントにタイマンだったら最強なのかなと、ふと思った。 そういえば無制限タイマン大会ってやったことなかったよね。 やってみたら引き分けばっかりなんだろうか順当に考えて。 引き分けは1点、勝ち3点というルールなら面白くなるかもね。 PSP内順位優先ってことだ。 さらに180mか360mでやると飛行機が弱くなってさらにいいかもしれない。 あと外でやる。 車輛とスプーが弱くなるんでしょ? こういうの、ちょっと本大会にするには問題ありそうだけど、ちょっとやる分には適度に力が入って面白いかもね。 はっ。 これが噂の超アラクネ脳か!! そうなのか!? 目の当たりにしてしまった。 今、素で考えた順当だと思われるレギュだったw

それはそうとバトルロイヤル、誰かやるなんて言ってたからワクワクして待ってたのに、その後アナウンスがないね。 しょぼん。 敵が全滅したら戦闘が続かない、という致命的なところがあるけど、なんとかして出来ないかなあ。 団体戦と同じような、いわばウラ団体戦のような人気大会になると思うんだけど。 是非、アナウンスして下さい。 待ってまーす。

この記事へのコメント

ハルゾ
2009年02月05日 21:46
シルフが強い強いといいまくっていたのはHIROYさんだったんですか。
いえ、それほどのものじゃないと思いますよ。はやいスプーなら捕まえると思うし地雷をまかれてもやばいし、軌道予測射撃でも捕捉されるはず。
予測をしないカノンミサイルクネが相手なら勝てる、って程度のものです。
HIROY
2009年02月06日 07:50
おはようございます。ハルゾさん。
言いまくっていたのは私じゃありませんが、同じことを思っていました。
あの頃は生存に特化した機体というのが少なかったですし、私の方も予測をしないカノンミサイルクネでしたしw
(まあ、今もほとんど変わっていませんが)

何にせよ、生存能力の高い逃げ機体はタイマンでは強いだろうという考えは今でも変わりません。

OKE紳士録、超懐かしいです。名前を聞けばすぐ思い出せる名機が揃っていて羨ましいです。

この記事へのトラックバック