Prs.シュテフィーその後

おっ早うございます。 HIROYです。
という書き出しで日曜日の早朝5:00頃更新しようとしてたのですが、さすがに途中で切れましたw こんな朝早くから書いて、9時くらいまで書いていれば前回の文字数を超えることができるかな、と思ったんですが最早どうでもいいですね。 このブログ、長文ですか? 平易な話し言葉+内容がないよう、なので読むのにまったくストレスがなく、速読しようが熟読しようが心に引っかかるものが何一つない、という記事を目指している(ウソ)ので、例え15万文字であろうが読むのに10分はかからないと思いますw 決して皆さんの速読技術が向上したわけではないので念のためw ところでガラっと話題を変えますが、あまりに唐突すぎてなんだかわからない方も多いかと思いますが、その辺は無視させて貰いますけど、先日、妻にうちのNASA(枕)、オレのだけ安いだろう、とお伺いを立てた問いつめたところ、そんなことないとの一点張りです。 そりゃまあそうだろうよ。 年の瀬を迎え、いよいよヤバイ勢いでペラペラに沈み込むオレのNASA。 いまは枕2つ重ねてようやく一つ分くらいです。

CHPシナリオの作中登場人物バレスの思い人、ステフ(ステファニー?だっけ?)をイメージした新型機、シュテフィーがいよいよ完成度を増してきました!! 以下、完成度低いときのお話し。

一応8*10の矩形PRGだし、まあいいか、もういいか、のレベルだった時に自作アラクネ10機とのフルリーグ戦を軽く2,3回、行ないまして、30%台の勝率だったので、こんなもんかと半ば投げておりました。 だってしょうがないじゃない? 暑くて死んじゃうんだもの。

ここで、第9回大会で盾3枚を採用しているお仲間アラクネを落として見てみたんですが、ケロリンさんのクネが熱い戦いをするのに気付きました。 特攻格闘マシンモード時は盾3枚ぶん回して無限格闘で殺すまで追いつめる、距離が離れているときは盾を1枚ずつ大事に使う、という感じでうまーくオプション管理がなされています。 特攻無限格闘戦は見応え抜群で超強力な遠距離格闘をメインにドッカンドッカン殴り込まれます。 見てて非常に面白い。 熱い拳の語り合いが展開されます。 こちらもたまにクラゲを当てて反撃を試みますが盾3枚では屁のようなもの。 このケロリンさんの機体、カノン装備だったらどうだったんでしょうか。 今は拡散砲でジャンプ回避を強制したり、極限の見切り距離で直当てを狙っているように見えます。 カノンの一発は確かに強力ですが、敢えて外したところに今後の進化の方向を模索する姿が見えます。

もう一つ、最上位リーグに進んだ猫好きさんの中距離クネですが、やはり強い。 ノーラン相手では後退射撃で迎え撃ちます。 スゲエ。 1on1で見てたんですけど、バシバシ当てて盾回す前に完封する試合もしばしば。 うまくいくと盾2枚でも撃退しているので、相当調整を重ねたのでは、と思われます。 シュテフィーも早速真似して後退射撃を入れたのですが、猫好きさんのようにバシバシとは当たらず、せいぜい1発の命中止まり。 そのあと殴られてw慌てて盾3枚回して反撃に出ます。 猫好きさんの後退射撃は距離か発射弾数、ひょっとして自動旋回角度?に高命中率の秘密がありそうです。 この手法+J射撃+スプー対策色々で今後、盾2枚でもノーランと5分以上にわたりあえるクネが登場するでしょう。 わはははは。 待たせたなバレス(さん)!! そこまでだ!! つーか、猫好きさんのクネはもう既にかなりのレベルでわたりあえておりますが。

で、私のシュテフィーも猫好きさんとスパしてみたところ、どうも相手のほうが弾持ちはいいし、燃料持ちもいい。 ジャンプ射撃なんかほぼ全部、隙無しジャンプ射撃なのに妙に燃料が続く。 アレ、格闘挟むので燃料食うんですよ。 で、よくよく見てみたら100mm装甲じゃないですか。 即採用。 なんだ、100mmでもノーランの格闘に耐えられるのか。 耐熱+100mmに換装を決行、大幅な改修を行ないました。 お陰様で強カノン100発?105発?持てるようになりました。 現在のスペックですが100mm耐熱、冷+盾*3、強カノン+畏怖+クラゲ。 カノンは弱にして130発くらい持っても良かったんですが、余るようなのでこれでOK。 発射の発熱もバカにならないし。

シュテフィーには今までにない機能を入れております。 じゃーん!! 暑くなったら逃げ(急速後退)モード。 まあ一瞬なんですけどね。 バカみたいに撃ちまくる射撃を抑制するってことです。 通常のありとあらゆる機種機体に標準装備されているであろう、この機能をとうとう入れることに踏み切りました。 今までは弾幕が薄いとブライトさんに怒られるので暑くても無視して撃っていた部分もあるのですが、今度からは違います。 熱自爆する仲間とは組みたくないかも、というのも理由です。

もう一つ、じゃーん!! カノンガード搭載!! 今までも入れてみて偶然程度に機能する程度のものはあったのですが、今度は結構イイ感じで機能します。 親馬鹿、あるいは贔屓目、あるいは超シュテフィー目かもしれませんが。 とりあえず全フレーム見るわけじゃなくて、回避の前(回避決定範囲以内に高速物があったとき)、この最小ループに入ります。 最初は22mからやってみて、今は16m範囲内に徹甲弾が1個以上2個以内あったらガード。 この範囲は最適かどうかわかりません。 多分というか、当然、皆さんの間では時代遅れの機能ですが、100mm耐熱という紙切れ(のように感じます)装甲では採用せざるを得ません。

もう一つおまけに、じゃーん!! 追撃畏怖リート採用!! 現在42mだっけか?44mで22m以上前方70度くらいで畏怖3連射ループを回しているんですが、よく余る、または死蔵が目立つのでいっそのこと、と詰め込みました。 なんの幸運か、1つ分チップがぽっかり空いたので敵被弾中で畏怖1発乱射。 ところがやってみると300m先でも撃っちゃって、しかも何度も通るループなので3連射しちゃって勿体ないことこの上ない。 どこかに距離とか範囲を入れないと・・・と散々悩んで範囲射撃があるじゃないか!! ピコーン☆ で、今、快適に追撃ライフを味わっております。 範囲内にいなけりゃまったく無視してカノン追撃が効くし。 範囲射撃、使えるぞ。 100m前方90度にしてるけどもう少し短めの方がいいかもしれない。 だけどそうすると余るし。

そんなこんなで今は(1on1で)自作アラクネを圧倒することが多くなってきました。 ほとんどが閉幕間際に敵燃料切れのあと、ズカズカ近づいて畏怖リート3連発で消滅させるパターンですけどw
このあと、村正によく削られるのでミサイル関連含めて強化してこれをなんとかするのと、クラゲの死蔵を防止するかどうか、と対空用に仰角判断を入れようかどうか、悩んでます。 PRGがキレイに矩形なのを崩すのが勿体ないのとメンドクサイ、というのが悩みです。 とりあえず対車輛用に隙無しジャンプ射撃は入れてあります。 強カノンだから威力あるよw

ここで数えてみましょう。 おっと、最後の「w」まで入れて2956文字ですね。 意外と少ないもんだな。

というわけでシュテフィー製作はちょっと休んで「聖しこの夜!!プリースト大会」に向けてプリースト作製に入ります。 みんな最後の追い込みで頑張ってるんだろうな。 第9回大会は強いプリースツが出てたから楽しみだな。 ああ、忙しい忙しい。 (3130文字)

この記事へのコメント

6四の兵
2008年12月23日 15:32
くっ・・クリス・・・マス・・・ですって?

対空課弾幕係のバジリスクが敵機プリーストを補足した模様。
嫉妬のアヴァランチ48連射と弾幕の嵐が吹き荒れております。
HIROY
2008年12月23日 23:11
クリスマスですか?
ご返事に悩むコメントですが、世間一般の独身(彼女いない)男性は結構気になる人が多いのでしょうね。
むかーし昔はそういう時期もありましたが、結婚前、彼女いようがいまいが全然気にならなくなりました。
枯れたわけではないですが、どうでもよくなってw
気になるのは若いときの特権とでも思って彼女作りに精を出してください。
なんつって急に大人ヅラしてすいません。6四の兵さん。

この記事へのトラックバック