ステフ助かった

こんにちは。 HIROYです。
本大会に続き多くの参加者を集めたリベンジ大会ですが、下位リーグからの繰り上がりリベンジ等で大盛況のうちに幕を閉じました。 画期的で非常に魅力的な名を冠した第1回リベンジ大会、主催者様、開催ありがとうございました。
また、審判団の方、コメンテーターの方、ありがとうございました。 今回も審判できずに心苦しく思います。
参加者の皆様、毎回毎回レベル上がってお互い大変ですねw お疲れさまでした。
というわけで
祝!!漢は黙ってリベンジ大会、まのさん優勝!! おめでとうございます!!
ちょくちょくお借りさせて頂くシャルロ嬢も5代目となり、いよいよ完成度を増してきました。 本大会でもマリアを操り、見事上位入賞されたまのさんが木琴をに乗り換え、とうとう頂点に登り詰めました。 おめでとうございます。
ちなみに「勇者のくせに生意気だ(ゆうなま)」はカルポ以外で私が持っている唯一のPSPソフトです。

あと、この人についてはどうしても語らねばならないでしょう。 出場するたびに確実に完成度と凶悪度を上げ、大会を荒らし回るバレス・フリードマン!!(さん)。 おいおい、ステフが心配で大変だよ。 今回だってかなりやばかったじゃねえか。 繰り上がりまでされた日にゃヒヤヒヤもんだったぜ。
今では大会盛り上げに欠かせない存在となった。 以前は必死に追いすがるバレス(さん)の姿がかぶって涙を誘っていたが、いまや地位は逆転。 逃げまどうのは我が機体という始末。 2ちゃん、及び当ブログでは常に注目の的であり、その割りには誰かが倒してくれればいいなあ、と対策は他人任せ。 地上型には無敵のノーランを駆り、縦横無尽に暴れ回る。 だれかアイツを止めてくれ~い。 今大会でも当ブログより特別賞を勝手に贈呈します。

突然マル得情報ですが当ブログ管理人が開発している対スプノラ用アラクネの名前を「プリンセス シュテフィー」とすることに決定しました。 シュテフィーはえれえ強かった女子テニス選手とCHPシナリオ登場人物のバレスの思い人、ステフをかけています。 STEFFIが本家だけど「SUTEPHY」。 みんなよろしくね♪ バレスから守ってね♥

今大会、全然敵わない、全然勝てないという敵が12チームほどいたんだけど、その中でオレ的に完全にやられた、っていうのがあったので是非ご紹介したい。

多分オーナー様としては不本意な順位にいるのだとは思いますけど、コレに一番参った、というかやられた感が一番あった。
オリュンポス正規軍 人形使い使いさん
ノーラン+トリン*2のチーム。 最初に機体構成を見たときはふーん、スプーチームね、と思っていたのだが、フタを開けてみると全然違う!! ロック集めのトリンが2体で高速伏せ回避で距離を詰め、ヒョコヒョコと回避に専念する。 アタッカーの凶悪ノーランは開幕初期、後方でモジモジしながら好機を伺う。 多分ノーランに対するロックが切れた時?、こちらがトリンにかかりっきりになったところで一気にダッシュ!! 一機、また一機と葬られることになります。 このチームの凄いところは全部弐脚で構成されているところ。 アレクシアに限って言えば擬似的にノラ入混成対策として近接弐脚をロックし、ノラの囮の突撃車輛や遊撃ホバーなどをガン無視できるようになっているが、トリンも弐脚のためノラロックが発動しない。 しかもトリンの回避が優秀なため、トリン1機の体力を半分削れる頃には味方が自分だけになっている恐怖。 オレのCTGルーチン、後ろで見てたんか~と言わんばかりの対策(偶然だけど)になっていた。 考えてみればすごくいい構成だ。 トリンが逃げにも攻撃にも転化できる万能機なのに加え、最近とみにその破壊力が注目されているノーランの組み合わせ。 チーム全体が弐脚というのもミソ。 支援砲撃にラスティを混ぜてもいいかもしれない。 エンブレムも(元ネタは知らないが)カッコよく、名前もよくできている喃。

もう一つ。
弁慶丸~壱の舞 AMOKさん
この頃どういうわけか、ローケンが目立ってきた。 元々それほど悪くない機体性能だが同じ高速二丁拳銃のアングリフの蔭に隠れてそれほど世には出ていなかった。 アングと比べてデカくて弾に当たりやすい、不当に装甲が剥がれるなどの理由もあるようだ。 しかし、名機アクリス以後、後方クラゲ当てを狙うローケンが増え、数多くのローケンがリリースされてきた。 そんな中、新機種でリベンジ大会参加を決意したAMOKさんがまさに一夜漬け状態にもかかわらず、かなりの完成度を誇るローケンを生み出したようだ。 残念ながら順位は振るわなかったが、こと対アラクネ戦では無類の強さを発揮する。 はっきり言ってドコが新鮮、ドコが強いというほど目立ったところはないが、いつの間にか負けている、というパターン。 実際、なんだかよく分からないけど負けているw 他のローケン(今大会前のもの)には悪くて引き分け、あるいはギリ負け、くらいの対車輛ルーチンを誇るアレクシアだがまったく歯が立たなかったローケン。 容量も余っており、開発改良の余地は充分。 はっきり言ってなんでこんな順位なのかまったく不思議でならない。 ぐぞーリベンジじゃあ~じべんじじゃああ!! とか言ってそうw

この記事へのコメント

6四の兵
2008年12月11日 19:18
バレスさんには2勝2敗でなんとか戦犯にならずにすみましたw

カノンクネー弄ってた時に作った対ノーランルーチンから1F格闘旋回を取ったものを冥界に移植したんですが、
1F格闘旋回が無いのが大きくて、アラクネーと違ってジャンプ射撃が外れてそのまま空中で殴られて即死することがあるので困りました。
1F格闘旋回からの左右ジャンプ射撃はアラクネーの特権ですね。
まの
2008年12月11日 20:13
破壊神様!まのです。初めましてになりますか。お祝いありがとうございます。

何度もうちの機体を取り上げてもらって作者としては嬉しい限りです。
アレクシアのターゲット機種ごとに専用ルーチンで対応するのは面白いですね。ずっと省チップ機を作っていたようなのでフルチップでは作らないのかな?とか思っていたんですがこの為の布石だったとは。省チップで強機体を作ってきたHIROYさんならではの組み方ですな。
「対空車輛ガイ○ング」の記事の図はまったく意味不明でしたがw←ツッコミが入ってなかったのでいつか絶対入れとこうと思ってました。

ゆうなま持ってましたか。今時途中セーブ出来ないゲームも珍しいですよね。実は裏のラスボスで挫折してたりします。
HIROYさんのブログチェックは既に日課と成りつつある今日この頃。では。
浸透襲撃
2008年12月11日 21:44
最近はアラクネー少ないですね。
機体性能は高いし汎用性も高いが、真っ先に対策される機体ですから、色々とご苦労は多いと思います。

個人的には、時間さえかけられるなら混成チームが良いかなと。
単一機種でないが故に対策が立てられにくいし、作る側としても戦術の幅が無限に広がるから楽しい。

アラクネー/冥界/イカ。。。
どの機体をたてまんの護衛につけるか。
こういう自由度の高さも、CHPの楽しさだと思います。
HIROY
2008年12月11日 22:40
おおお6四の兵さん。今日も定刻出勤、お疲れ様です。
すっかり浸透襲撃さんと二人で常連になっていただけましたw ありがとうございます。

なんかこのコメントを見ると1f格闘と左右ジャンプ射撃のコンビで例のアレをやっつけられそう、っていう風に見えますが・・・マジですか?
よっしゃー、傷がいえたらシュテフィーに搭載だ!!
いやーブログやってると役に立つ情報がホイホイ手に入るなあ。またいいネタ入ったら頼みますぜ。
HIROY
2008年12月11日 22:46
まのさんこんばんは。初めまして、なんですねえ。
何度も機体をお借りしてスパだの非公開PRG大会の僚機だのに使わせてもらってます。
まのさんの機体はバラエティーに富んでいる割にその機種の王道を行くものが多く、しかも全部レベルが高いので非常に重宝します。レベル高杉!!のときも多々ありますがw

ガイキングの記事、今読み直してみたけど、さっぱり解りませんなwww 字も多くて読む意志が湧いてきません。まあ、あの時は自分なりにえらい勢いで納得してた気がします。

ゆうなまは最初の10~20(なんという軟弱ゲーマー)まで頑張ったけど結局すぐかるぽに戻ってしまいました。手先の器用さ、速さをクリア条件に持ってこられると無理ですw
HIROY
2008年12月11日 22:56
こんばんは。浸透襲撃さん。常連になってくれたよしみでこっそり秘密をお教えしましょう。
実は浸透襲撃さんのこと、ちょっと前まで「たてまんさん」だと思ってましたし、心の中ではそう呼んでました。
ゴメンナサイでした!!

アラクネの弱点という記事の論旨、結構敷衍してきたなという感じですが、あれ、当然ですけど思いつきですw アラクネが負けるのは尖ったことが出来ないから、かなあなんて思えてきた今日この頃。アラクネもちょっと戦法をひねればまだまだ上位に進める機種だと思ってます。(私以外のプレイヤーの)これからのアラクネの活躍に期待していてください!!

さて、混成ですが、色んな機種を使える人は羨ましい。オリュンポスもそうですが他人様のチーム構成を見るとたまに感動するほど理に適っているものがありますね。
私が見た中で一番感動的だったのは「三色アラクネー」でしたけど(混成ではないが意味的に混成)。

今後のたてまんさんのチーム構成も期待します。
6四の兵
2008年12月11日 23:25
いや、すみません。

HIROYさんの最前列で(ミサイルに対応するアイテム無しで)構える戦法だと、ノーランの牽制ミサイルを避けるかガードかしてる間に間合いを詰められてしまって相当厳しいと思います。
あの超スピードだと120mだとあっという間に来ちゃうじゃないですか。
最後列スタートだとミサイルをソニックで消して、側面を取られたら特殊格闘の高速振り向きを1f挟んでキッチリ射界に捉えてから、ジャンプして2発撃つ感じで結構いけるんですが、
最前列スタートとなるとソニックしてる間にももうきちゃうくらいなんで、ECMが無いとヤツに勝つのは相当厳しい茨の道だと思います。
6四の兵
2008年12月12日 00:44
何度もスミマセン。特殊の方が旋回が早いと思い込んでました。組みなおしてみたら特殊は殆ど役に立ってなくて、下段格闘1fでも旋回性に差が無くて、むしろ自動で正面向いてくれるんでアラクネでも下段から跳んだ方がずっと良かったようで。
結局冥界でも下段1fのジャンプ射撃でアラクネの下段1fからのジャンプ射撃以上の精度に出来ました。
冥界の下段の方がアラクネのそれより速く振り向くみたいです。

何度もすみませんでした。
HIROY
2008年12月12日 08:43
おはようございます。6四の兵さん。
検証して頂いたようでこちらこそ申し訳ないです。
なるほど、開始距離がキモなんですね。対クネが突撃なので最前列は外せなくなってますw
そうするとノラ入り時のミサイルガードなどを考え直した方がいいかな?イヤ、直列1本縦配置というのもいいかもしれない。相手がちゃんとした分散ロックでないとこちらが2機フリーになるし。
ところで検証を繰り返された成果で冥界がちょっと強くなったようで何よりです。こちらが寝てる間にライバルはこうやって強くなっていくわけですねw

この記事へのトラックバック