これ、どう?

ども。 オメオメと生き返るHIROYです。
スクリーンさんのページががイメチェン(びっくり)したのでこちらもやってみました。
宇宙ものを探したのだけれど、あんまり良いのが無かったので黒ベースの新着からセレクト。
どうでしょう。
と、思ったら「LOVE」ってなんだよ「LOVE」って。 恥ず。
一日だけこれにしておこう。 なんかの罰ゲームみたいだな。

昨日はアレクシア様の改良(対多脚ルーチン改良)に勤しんでいた。 3Cの成績が思わしくなかったのでそんなはずはないとノコノコ出かけて行って全部落とし直して自分でも回してみたら、もっと悪い成績でフィニッシュした。 ある意味ラッキー。 それにしてもコイツそんなに弱かったのか。 不憫なり。 よく見ると対多脚戦で折角2対1まで持ち込んで(残り体力は同じくらい)クロスファイアに持ち込めば勝てそうな試合だったところ、1機ずつ勝負を挑んで負けていたりする。 ん? と思って見直してみたら敵旋回、片方向しか見ていないwww

早速チップをやりくりして両サイド見る対多脚5を作ってみた。 2よりは強いかとか思っていたけど対イヌ2に負ける。 色々いじってやっと同等。 でも無印の対多脚とやると負けるし。 そうかと思って無印改造した6でも対車輛とかに負けるし。 やはり自作自演は限界あるな。 結局ドングリの背比べっつーか、三すくみの状態で膠着する。 やっぱ対多脚専門ルーチンというからには自作の多脚なんかブッチギリでやっつけたいじゃないですか。 H/A関係なく。 所詮60秒しか持たないし。 結局7まで作ってみたけどコレというのがないのです。 M7-5ベースを無視して一から組み直した方がいいかもしれない。

対空2も旋回をスピンネイル外して急旋回にしてみた。 多分この方が燃費いいはずだ。 対空時は燃費あんまり関係ないけどね。 対車輛では燃費は取りたいけれど接近時のビンタも捨てがたい。 突撃車輛にはお守り程度には効く。 お守りを取るか燃費を取るか。 燃費だよ当たり前だろ。 そうだな燃費だよ。 じゃあ汎用もそうしてみるか。

今回はロケットホイリーが少なかったので良かったけど、本来のアラクネの天敵はスプーじゃなくてホイリーだ。 ホイリー専門ルーチンは容量が勿体ないし、作っても満足いくものにはならないとは思うが、一応なにがしかの対応は考えといた方がいいだろう。 対ホイリーって結局は近接ロケットの嵐をいかに耐えるか、ってことなんだよね。 マングレオン挙動とタックルと隙無しジャンプ射撃を駆使して自分の熱だけ下げながら相手の熱を上げ、盾が切れるのを待つ。 要するに3*7=21秒間逃げ切れればいいのだ。 自分の熱100以下で。 字にすると楽だけど必ずロケットにぶち当たって転がされる。 大概のアラクネはホイリーに勝てないから諦めてもいいのかも知れないけど。

だけどスプーといえば今大会、大活躍だね。 以前このブログ記事で書いたことがある「全部のアラクネーに勝てれば半分以上の成績になるんです」だけど、今回はさらにもう一つ格言ができた。 「全部の地上型に勝てれば決勝に行けるんです」 どうでしょう、違うかな? 仮に飛行型にはまったく勝てないとしても全地上型に勝てればやっぱりそれなりにいい成績になるんじゃないでしょうか? 今回のように飛行機が目立たない大会では特にそう。 いや、目立たないというのは私がクネ係だからそう思うのかもしれないね。 ノラ*3は諦めるとしても他のスプーには力負けはしないはずだから、ここは落とさないようにしたいものだ。 (しまった。 この時点で全地上型から既にホイリーとノーランを抜いてしまっている。)

なんか今日は筆がのらないな。 だけど、75チームってすごいことだよね。 5つリーグがあって全部15チームだってw 既に二代目PSPには入りきらないから初代に入れてるけど、これが乗らない原因の一つかな。 間違いなく成績不振が一番目の原因だけど。 普段は2代目を持ち歩いてるからね。 あーとりあえず、これなんとかしないとな。 持ち歩いてるPSPに最新のものが入ってないって本末転倒くさい。 あとチーム数が多いから今までのように自分のチームと総当たり、っていうのが一苦労。 どれに勝ったか負けたか忘れちゃうし(チキンヘッドなのです)。 これはスゴイってチームしか覚えられない。 次回の記事あたりでピックアップしてみようか。

とりあえずもう少し各ルーチン改良してから組み直してみよう。 で、今大会の猛者達にもう一度チャレンジだ。 ここで鬱憤を晴らせればいいけど多分また凹むんだろうなあ。 なんかミネルヴァ2に続く黒歴史になりそうな予感。

この記事へのコメント

浸透襲撃
2008年11月26日 21:56
突然のコメント失礼します。
浸透襲撃と申します。

気まぐれで愛機の名前でググってみたら、ここにたどり着きました。

本大会では同じ4Cリーグだったので名前ぐらいは覚えて頂いていると思いますが・・・。

実は私も今回はかなり自信を持って大会に臨んでました。

もしかしたら決勝行けるかもとか考えていたのですが。。。
あまりにも甘すぎたと思っている今日この頃です。

結果とその後のアレはHIROYさんと似たようなもので、正直かなり落胆してました。

しかしまあ、今回は参加者が多かったのと、全体的なレベルが高かったということでしょう。
あのnas_BさんでさえBリーグだったぐらいですから・・・。

それにしても、発売から二年以上経っているのに、大会でこれほどのレベルの人が集まるCHPは本当に素晴らしいゲームだと思います。

突然現れての乱筆乱文失礼いたしました。
ではまた別の大会でお会いできることを楽しみにしております。
あべ
2008年11月27日 02:32
> これ、どう?
すごく、ひどいです。

お疲れ様でした
|)≡サッ
HIROY
2008年11月27日 09:57
浸透襲撃さん、いらっしゃいませ!!
たてまんさん、もちろんよーく存じておりますよ。
本戦でも結構痛い目にあってます。
未勝利戦でもジェイラーには自信があったのに負けましたしね(脳内出場時)。

コメントにもあったとおり、今回のたてまんさんは図らずもそのジェイラーが足を引っ張ってしまった形だったようですね。
確かに他の車輛はかなり手強かったと思います。
特にバジには対車輛ルーチン単体をもってしても全然勝てません。

なんにせよ、コツコツと作り続け、結構自信のあった機体がズルズルと落ちてゆくのを見るのは辛いものですな。
私なんか、途中で見るの、やめましたからw
覗き見はしてましたけど。
この辛さに耐え、次回に雪辱!!というのがCHPの隠れた醍醐味なのかもしれません。

次大会ではお互い、リベンジを果たしましょう!!
HIROY
2008年11月27日 10:01
アッーあべさーん!!・・・。

行ってしまわれた・・・。
やはり不評のようだ。

お疲れさまでしたw

そりゃそうだよな。
HIROY
2008年11月27日 10:02
↑の説明をしますと

お疲れ様でしたw

そりゃそうだよな。

逆になってます。
浸透襲撃
2008年11月27日 21:52
かなり地味だったので分りにくかったようですが・・・。
実は、たてまんの役割については、若干認識が違っています。

最前列のたてまんが敵をひきつけ、その間に左側から強襲部隊が一機ずつ敵を撃破。
という戦術で、たてまんには敵の攻撃を引き付けるという重要な役割があったのです。

試しにたてまんを外して例の突撃バジを二機にしてみましたが、総合的な戦闘力は明らかに劣りました。
実は、あの戦術の中核はたてまんだったのです。

負けた試合の殆どは、強襲部隊が2対2の戦いで負けていて、たてまん自体は少なくとも1機は敵を引き付けていました。
強襲部隊が全滅してその後にたてまんがやられるというのはコメントの通りですが、そこは2対2の戦いで負けたというところでしょう。
ここは地力の差が出たのだと思います。
後は、空地混成部隊にバグが出たのも痛かったですが。


・・・ということで、すみません。
負けた後で自分の戦術を熱く語ってしまいましたが、遠吠えはこれぐらいにしておきます。

また次の大会でも非スプージェイラー命で頑張りますので、そのときはお手柔らかにお願いします。
HIROY
2008年11月27日 22:51
どうも今晩は。 浸透襲撃さん。
なるほど!! やはりそういう意図があったのですね。確かにジェイラーはロックを集めていたようです。私の得意科目がジェイラーで苦手がバジだったこともあり、大きな見当違いをしていました。申し訳ございません。
戦術を語りたいのは私も充分過ぎるほど経験がありますw
ここを頑張った、こういう意図があった、実はバグがあったというのは作者本人から聞くと、成程とよくわかるものであり、楽しみなところでもあります。
(ブログ作成、簡単ですから是非、挑戦してみては?)
ブログ作成まで行かなくてもココのコメント欄ならいつでも大歓迎ですからどうぞ、思いの丈を語る場にしてください。(ただ申し訳ないことに500文字制限なんですよ)

それにしてもなかなかジェイラーには思い入れがおありのようですね。(キラ☆)
次回、大会でお会いするときはお互い腕を競い合いましょう。楽しみにしています。
浸透襲撃
2008年11月27日 23:10
有難うございます。

ジェイラーは、自分が中級者になったと実感できた思い出深き機体です。
プレミアムのコフィンにECM無しで勝てた時は本当にうれしかったし、その時の対ミサイルルーチンは今も実装しています。

ミサイルやカノンを盾一つで捌くというのは、まさに漢の浪漫。

自分の能力ではまだまだですが、いずれは全ての攻撃を捌ききり、非スプージェイラーの時代を到来させたいという野望も持っています。

過去の記事も拝見しましたが、非常に参考になりますので、また拝見させていただきます。
コメントさせていただくことも多々あると思いますが、今後もよろしくお願いします。
6四の兵
2008年11月28日 00:45
おお、なんか熱い漢な展開にw

どうも対空課弾幕係です。
多脚課クネ係様、二脚課盾係様、お初です。
予選も4Cもご一緒しましたね。

我が浪漫はショットガンにあり。
なんびとたりとも空は飛ばせません。
HIROY
2008年11月28日 11:04
おはようございます。浸透襲撃さん。
私の場合、思い入れのある機種はもちろんクネですね。
上級者になったと勘違いできた機種です。
プレミアム全金も考えてみればクネでしか達成していませんw

クネのことを言えば私など及びもつかない達人方が努力、研究されてなお、未だクネ時代は到来しませんが、非スプージェイラーはまだまだ開拓の余地、大アリです。

その野望に期待します、が易々とやられはしませんよw

こちらこそ、今後ともよろしくお願い致します。
HIROY
2008年11月28日 11:26
おお、新たな係の人が!!桶省も大分賑やかになってきて嬉しいことです!!
6四の兵さん、こんにちは。
対空課弾幕係ということは今回の冥界に限らず、とにかく弾幕は切らさない、ということですねwww
対空課ということを信じますので、私のクネが空を飛ぶまでは見逃しておいてください。
ところで、6四の兵さんの名前を初めて2ちゃん上で見たとき、すぐピンときて、一度伺って見たかったんですけど、もしかしてグンギですか?いや、これ聞きたくてコメント来るの待ってましたよ。あ、そうだったらどう、ということは全然無いんですけど。

対空課の名に恥じず、上位飛行機相手に大活躍だったそうですね。(実はあまりに自機が不憫で大会経過はよく見てないんです。)おめでとうございます。
今後も是非この路線を極めて頂いて私の上位進出を阻むであろう憎っくき飛行機達をバンバン沈めてください。
よろしくお願い致します。
6四の兵
2008年11月28日 18:10
残念ながら当プレイヤー名は小麦由来ではないようです。

ばんわ。対空課弾幕係です。
結局飛行型を本当の意味で打ち倒すには。最強の対空力を備えた機体である程度対地を克服して、決勝に行かないといけないんですよねぇ。
予選でいくら勝っても決勝で自由に飛ばせたのでは意味が無いですから。

そういうわけで姫様にも勝たせていただかないとwさて、どう料理しましょうか。
姫様の燃料が切れるまで弾幕を張って、止まったらバジドリル。なんていかがでしょうか?
HIROY
2008年11月28日 19:06
いやです。
|)≡サッ

真似してみましたが。

そうですか。HxHだと思ってました。なんか残念。

その通り、対空機が一番輝くのは飛行機が集まった決勝あたりなんですよねえ。そこまでたどり着ける実力があって初めて輝くことができる。それが難しいことなんですけどねえ。

さて、燃料切れしないようムダな回避はしないことにしました。相手がショットor炸裂でジャンプ禁止。さらに一定時間止まる死んだふり擬態を入れて近づいてきたらカノン連射w
だめだパルス入れられたらホントに動けない。ん、バジは一刀流だった。よし。これでいこう。

この記事へのトラックバック