ハサミとか煙とか高い所とか

こんにちは。 HIROYです。
いやー、奥さんが風邪っぴきでなんだか知らないけどこっちまで早く寝かされる。 病気の妻をほっといてゲームに熱中してる夫、というのも大人としてどうかと思う、というか、相当見栄えが良くないので、カルポはそうそうに引き上げざるを得ない。 風邪なんて気合いだぁー!!で、ここ何年もひいてない、ような気がする。 ○○は風邪ひかないらしいのだが、高いところは嫌いだなあ。 煙は好きだけど。 関係ないか。

さて、もういいかな? 対クネ。
勝てるときには勝てる、勝てないときには惨敗レベルにまでなった。 一応勝てることがあるのが救い、というか以前に比べれば全然満足していいレベルだと思う。 以前は必ず負ける、当てる前から負けている、当てるのが恐れ多い、という状態だった。 勇気を出してよかった(笑)
これ以上を求めるのは酷だな。 7*7では納まらないし、う・・・う・・・時間と腕がないっす。 そこまで言わせんなよ。
砲撃型にはギリギリ勝てるor大惨敗、突撃接近型にはギリギリ勝てるorギリギリ負け。 やっぱねえ、大ミサに弱いよな。 一気に体力持ってかれる。 あと、タマ切れは我慢できるレベルだけど燃料切れ多し。 広い試合場だと相手にたどり着くのが一苦労。

その点覇王樹(対アラ)は上手いよな。 しっかり前ジャンプ避けも実装してるし、連続格闘も強い。 このレベルまで達すればかなり望みはあると思うのだけど、前ジャンプ避けは失敗すると一気に体力持ってかれながら、折角詰めた大事な距離まで離されてしまう諸刃の剣。 ついでに覇王樹は上位冥界にも勝てるけどうちの対多脚は惨敗レベル。 ここまで引き上げてやりたいのは山々なのだが・・・腕と才能と時間と空間が足りないっす。 大ミサ対策にソニックとかECMとか付けたいけど、それをやると他に弱くなるし。 厳しい事この上ない。 忍法でも使うしかないか。 接近戦ではなんとか頑張って少しでも機雷もぶつけてやろうという覚悟もしょっちゅう見られる。 が、ほぼ覚悟の表示止まりで終わるのが何とも悲しい。

あと怖いのは今回のスパに参加させてない中堅どころのアラクネー。 対イヌ2ルーチンでも一応の戦果は期待できるので、なるべくこちらを使いたいところだが、これでやっつけられるかどうかの見極めが難しい。 全部、対イヌ2に任せた方が良さそうな気もする。 これで対処できそうもない強豪に、諦めを混じえて、最後の手段!! 対多脚ルーチン発動!!、という形にしたいのだが、試合途中で判断していたのでは燃料的に遅すぎるorz。 対多脚ルーチンは突撃一本なので燃料切れが早く、逃げ切られると折角取れる星を落とすことにもなる。 突撃対突撃なら諦めはつくが、その場合は博打に近い。 どうやって見分けようか。 開始時の距離か。 これも精度が低そうだなあ。 装甲までサーチできる仕様だったら種類とか厚さで判断してたかな。

霧対策はもうやっつけ確定。 昔作ってどこかに入ってるおざなり霧対策をそのままコピペ。 全然集結できない。 できるわけないサ。 あと、可能ならというか、絶対圧縮。

それにしても連結の構想がまったく出てこない。 最初の構想では「ヴェ○ニカにはミネルヴァが6機入ってますw」という冗談をヒントに、ホントに6バージョン入れてやろうと思ってたのだが、それぞれがちょっとずつオーバーサイズだ。

一応最初の構想だと
「7*7Aブロック」初期設定+霧対策 ここでカウンタ使用で主に使うルーチンを決定。
「7*7Bブロック」対スプー。サブ使用。
「7*7Cブロック」対空。
「7*7Dブロック」汎用(対イヌ)。サブ使用。
「7*7Eブロック」対車輛。
「7*7Fブロック」対多脚。

これできっちり6体のミネルヴァが頑張っているように見えるはずだったのに、9*8や8*7が出てきたお陰と、それぞれの繋ぎを考えないと対空や対車輛で反応が遅れる。 (実際は5体、霧入れて6体か)

ついでに現在までの成果。
「○*△Aブロック」初期設定+霧対策。
「8*7+アルファ(ノラ未対応)Bブロック」対スプー。
「9*8Cブロック」対空。
「7*7Dブロック」汎用(対イヌ2)。サブ使用。
「8*7Eブロック」対車輛。
「7*7Fブロック」対多脚。サブ使用。

サブ使用の部分だけはなんとか行けそうだ。 サブに入れる予定の対イヌ2が思ったより汎用に使えてよかったよ。 ホントにイヌにしか使えなかったら、どうなっていたことかw
対スプーだけAブロックの横に置いて、反応を高め、対空と対車輛をまとめて一つにしてしまおう。 7*15くらいでw ついでに対ホバー(ミサ主体)もこちらに編入できればいいな。 地雷主体は汎用に流すかもな。

本来、オプション起動などはまとめてしまいたいが、反応力UPとちょっとした起動条件の違いがあるので、普通にまとめてしまうのもちょっと気が引ける。 ミサイル避けなんかだと、対空では相手の距離とか高度とか見るけど車輛じゃ必要ないしね。 まあ、背に腹は替えられない。 ところで「反応力」って造語だけどイイ感じ、と思っているのは私だけ。

こうやって書いていると整理がついてよろしいな。 漫然とPSPを握っているだけだとこうは行かずに行き当たりばったりになっていたかも。 ブログ効果万歳って、これで安心し切っちゃう自分の性格も怖いところだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック