非公開PRG解析大会(笑)その1

こんばんは。HIROYです。
この書き出しで、更新日付が例えば11:00AMとかだと「オイ、HIROYの奴、実際いつ書いてるんだYO!」なんて思われてるかもしれませんが、真相は思いついたときに書き溜めておき、時間の合間にリリースしてます。更新時に多少時事問題を書き加えたり、過ぎ去った件は消したりしてますし、しばらくおいた過去記事でさえ推敲の対象となっていて非常に細かい修正などを勝手に行なっております。 まあそんなこと気にもとめない方が殆どでしょうけどね。
さて、「非公開PRG解析大会(笑)」で

髭レッドさんからサンプル機体のご提供をいただきました!!
その他にスクリーンさんから次の機体を作ってもいいかも知れないんだぜ?的なオファーも頂いております!!
ありがとうございます!! スクリーンさんへのコメントにも書いてありますが、実際どれだけ時間がかかるか分からないのと、作業量が不明なため、その後の対応とさせて頂きたいと思います。 もし皆様で「機体、ちょっとくれてやってもいいんだぜ?」という方がいらっしゃいましたら、もう少しお時間をいただきたく存じます。

それでは、「非公開PRG解析大会(笑)」今日はその第壱日目です。
いやーホイリーだよホイリー。 今まで完全に敵だったホイリーにさわれる・・・もしかしたら第2のアラクネみたいに思い通りに動かせるようになる第一歩かも知れない、と思うとちょっとワクワクします。 いやホントにホイリーなんて天敵ですからね。 堅いし、格闘強いし、ロケット熱いし、ロケットは被弾による一発消滅が怖いし、遠くにいれば避けられないようなミサイル食らうし、ミサイル回避ジャンプかませば着地にロケット食らうしで、もうどうにもなりません。 後J射撃一本でなんとかなるわけないし、飛込み格闘やら、マングレオン挙動(バックジャンプで敵機体を飛び越えて背後を取り、カノン射撃)を組み合わせ、専用ルーチンに何十チップも使い、それでも何ともならないのがホイリーだよ。 いやーホントに長かった。 このホイリー攻略のためにもホイリーをさわるのはすごく意味のあることだと思うし、イヤひょっとしたらいつの日かホイリーマスターなんて異名をとって、憎っくきアラクネを蹂躙できるのかも知れないという思いが去来・・・。 はい、妄想ですね。

実は・・・と告白するとホイリーに触るのは初めてではないのだ。 がーん!!
レーティング上位に鎮座しているホイリー軍団が世に出始めた頃、どうしても勝てず、勝手にライバル視して対策を練っていた。 ふと第1回2ちゃんねる大会あたりのデータを落とすと、何ともステキなチームが目に入った。
愛の車両 ラブリー☆コーン だ!!
何とも時代を先取りし、ジャミングは撒くわ、地雷は対空用だわ、ほぼ攻撃しないわという博愛主義のチームだったのだが、このコンセプトで強いホイリーが出来るんじゃね?と思いつつ、カラーリングまで揃えて、いざ機体作成!! と臨んだのだが、この本家をはるかに越える弱いズダボロが出来上がった。 てか出来上がりもしない。 車輛って俺には向かないな、と封印していた暗い過去があり・・・ます・・・。
ぐふっ・・・。

さて、それはおいといて、問題のホイリーをまっさらの機体ハンガー1つ目に格納する。 こうすることで非公開プログラムであろうとも、カーソルを動かさない限り戦闘シミュレーションでホーム側に設定することもできるし、そのまま放置しているとやがて、なんとハードの構成まで見えてしまうのだ。(こういうCHP裏技もサラっと使いこなす俺ってカッコイイ!!)
どれどれ、おお盾*3+冷却だよ、そうかホイリーの奴め、堅い堅いと思っていたらこんなに着込んでいやがったか。 いつも盾切れまでこっちが持たないから手の打ちようが無いんだけどな。 あとはそうだろそうだろ、150mm対徹で、武装は目一杯と。 でも全部で24発しか弾がないから格闘で何とかしようって腹だな。 そうはいくかってんだ!
カラーリングだけ赤黒縞模様に変えてハードは多分同じになった。

第一段階はソフトウェアの配置をとりあえず真似しよう。 青いチップは動作、赤いのは分岐、緑はオプションだろ、黄色ってなんだ、ああNOPとかか。 どれ、意外と面倒だな。 見にくいから月面シミュに固定してと。 紙に書けば一発なんだろうけどなんか面倒だ。 ほかにいい手は・・・おおアレがあった。 まさかアレが役に立つときが来るとは。
アレ = 初回限定に付いてくるPRG盤 !!
あったあった。結構部屋メチャメチャになったけどあったぞ。 緑と黄色の駒が無いな。 まあいいか、裏返しでなんとかなるだろ。 しまった、この盤、6*6だ。 orz

床に直接駒を配置して7*7にしてチップの色だけ揃えたぞ。 次は矢印だな。 んんん細かいっ。 やっと見える程度だぜ。 これはこっちでこれはこっちで、あーメンドクサイ。 30回くらいシミュとPRGくり返してやっと・・・よしと、大体大丈夫だろ。
あとは実際に回してみるか。 サブに飛ばすのは自明、おおっと、この超高速ログ意外と手強いぞ。 単純な英語じゃないのか。 OKE GREENってなんだ。 SHOT no TG ってなんだ。 STA GREENってなんだ。

1時間後・・・

ふー。やっと最初の2秒くらいの動きだけはトレース出来たぜ。 その間に通る道筋だけは入れ替え入れ替え把握したぞ。 なんとターゲットロックと自動旋回を使って無い(多分)とは盲点だったな。 ホイリーって大体こういうもんなのか?
正解だと思えるチップは15個くらいかな? オプションの順番はどうでもいいし。
いやあ、こりゃ大変だぞ。 全部のチップを通る条件をこちらが作ってやって同じチップを試行錯誤で埋める、その後、手動機体で距離なんかを探るわけか。 ログに出てくる文字がどのチップに対応するかの表を作れば楽になりそうだな。

ううぅ。
めんどい。

ちょっと心が折れかけているのであった。

この記事へのコメント

髭レッド
2008年09月25日 17:43
どもども(^^;>HIROYさん
とりあえずコンソールに出てるメッセージとチップの対応は、
ニナガワさんのChip Codexでメッセージコンソールの項をみればばっちりです(笑)

あと、使用されているチップがどの程度まで含まれているかは、対戦ルールでチップ種類の上限を設定してやれば…
そのチームが選べるかどうかでチップ種類に何が含まれているか絞り込めたりします。
HIROY
2008年09月25日 17:53
げ。そんな便利なものが。
どうもお世話様です。髭レッドさん。
早速今夜からフル活躍しそうなデータですな。

大会名、命名して頂きました。(笑)まで入れます。
ちなみに結構大変そうだということがわかりましたwww
猫好き
2008年09月25日 20:00
ホイリーコーンは素晴らしいものですよ。
ちなみに、ホイリーコーンを作り出したきっかけは当時混成でしかホイリーコーンはjupiterにアップロードされてないからとかいう理由でした(発売5日後ぐらい)。

だから、ストームVXがjupiterの3機ホイリーコーンチーム一番乗りだったりするのです。どうでもいいですね。
HIROY
2008年09月25日 21:55
どうも猫好きさん。
レーティング上位に鎮座しているホイリーの作者さんにお越しいただきました!!
ちょっとホイリーの勉強しようと思っているんですが、既にかなりくじけています。
面白いことに他人様が作ったプログラムを再現していると自分で作っているような錯覚が生まれてきます。
いったん出来上がったら自分のオリジナルにもチャレンジしてみようかな、と思います。
その時はご指南いただければ光栄です。

この記事へのトラックバック